新亜光学工業株式会社は高品質なシャッターユニットを作るのでその扱いも知りましょう

シャッターユニットの役割を確認しましょう

耐用回数も確認

シャッターユニットの耐用年数は、概ね10から20万回シャッターを回せば寿命となります。特に防犯カメラのような常時作動をしている機器は、数年の使用で性能低下になる可能性が出ます。撮影用のカメラでも、カメラマンのような職業で仕事をする人の場合は連写などで使用頻度が多くなり、寿命が短くなるのが見込めます。新亜光学工業株式会社の製品は高い耐久性がありますが、20万回の撮影使用を1つの目安にしましょう。

一方、一眼レフなどのカメラや防犯カメラの中には低価格で販売している機器があります。その場合は入門機が多く、シャッターストックも数万回使用すれば劣化が生じやすくなります。殆どカメラの使用をしない人や初めて購入するレベルの人向けの製品なので、参考にしてください。



性能が良いとブレが起こるのを防げる

シャッタースピードが速い状態であれば、動いている被写体でも止まったままで映し出すのが可能です。一方、遅いと手振れの原因となり、思うような画像を残しにくくなります。

例えば、写真モデルを撮影する際、動いている場面を写す時があります。シャッターストックが良いものであれば、止まった状態のような被写体を残せます。その分、写真撮影をする形の幅が拡がります。

防犯カメラやドライブレコーダーなどで、犯人の画像を残す必要がある時にも、シャッターストックの機能が良いと捜査をする際にプラスになります。

新亜光学工業株式会社では、各種対応可能は製品を開発や製造をしています。必要に応じてカスタムが可能なのも、頼りにされている1つの理由です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ