新亜光学工業株式会社は高品質なシャッターユニットを作るのでその扱いも知りましょう

日頃の管理も長く高品質な状態にするための作業の1つ

手入れをする際のコツ

各種カメラの中には、シャッターユニットをはじめ精密機械が多く搭載されています。新亜光学工業株式会社の製品は性能の高さにも定評がありますが、十分な管理ができていないと劣化を早めたり故障の原因にもなりかねません。

カメラ内部に埃や水滴が入り、蓄積すれば基盤が故障しやすくなります。使用後は拭き取りをするなどで各種汚れを落としましょう。屋外で使用する防犯カメラも少なくても週1回程度は拭き取りをすることで、故障のリスクを下げます。その他、落下や衝撃を防ぐための管理も長く使用するうえでは欠かせないポイントとなります。

また、カメラのメーカーの保証があれば、その期間は無料で修理をしてもらえます。上手に利用するのも1つの方法であり、修理代の節約が図れます。

交換に掛かる費用の相場

シャッターユニットをはじめ、精密機械を交換する場合は少なからず費用が発生します。新亜光学工業株式会社の製品であれば、性能が良いので部品交換をする際は安くありません。それを踏まえて、部品交換に掛かる価格相場を押さえておきましょう。

シャッターユニットや接続端子の不具合、基盤の腐食のようなトラブルが生じたなら、1か所あたり2から4万円となります。落下による衝撃を受けた時に精密機械以外にレンズにヒビが入るなど、複数となれば10万を超える可能性が出ます。また、機種が古いタイプなら修理が難しい場合があります。

新亜光学工業株式会社の製品はカスタムにも応じており、年数が経過した部品でも製造できる場合があります。気になる症状が出たら相談するのも良いでしょう。




この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ